Dear ジャック
我が家の13歳の愛犬、Mダックスのジャック。 4月に末期がんの為「余命3週間」の宣告を受けました。                                                2010年11月7日に虹の橋へ旅立ったジャックの記録です。

プロフィール

たま

Author:たま
ジャック
1997年9月9日生まれ。
2010年11月7日、13歳と68日で虹の橋に旅立ちました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (7)
ジャック (45)
飼い主のつぶやき (31)
ジャック病状 (60)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱり犬が好き
今日は久し振りに歯医者さんに行って来ました。

ジャックが亡くなってからは初めてかな。
(先週は号泣モードで、瞼もパンパンに腫れていたため、お休みしちゃいました

歯医者さんは私の実家のすぐ近くにあるので
行く時はいつもジャックさんと一緒に行き、実家で預かってもらっていました。
私が治療中はジャックさんはいつも実家で遊んでいたのです。

今日は一人。
本当に久し振りに一人で歯医者に出かけました。

そしてまたまた矯正器具を装着されてしまいました。
ジャックさんの事でもかなり参っているのに、またまた煩わしい矯正器具を付けられ
精神的にも肉体的にもヤラレております トホホ・・・


治療が終わって、帰りに久し振りに実家に寄りました。
両親共々、ジャックさんが居なくてとても寂しい思いをしているそうです。
そりゃそうだよね。
両親もずっと13年間ジャックを可愛がってたんだもの。
そして私の事を心配していたそうで。
心配かけてスミマセン

実は、ジャックさんを火葬した時、実家の両親・姉も一緒に来てくれ
一緒に骨を拾ってくれました。
そして実家にもジャックさんの骨を少し、分骨して置いてあります。
大好きだった実家にもいつも遊びに行けるように。
実家でも毎日、大好きだったおやつをお供えしてくれてるんだって。
ありがたいです^^

で、その毎日お供えしている おやつ類、その後どうしているかというと・・・
お隣の家で飼っているワンちゃん(アンジュちゃん メス 推定7~8歳)にあげてるんだって。
アンジュちゃんは外で飼われているミックス犬で、とっても人懐っこい可愛い子なんです。
アンジュちゃん、ジャックさんのおやつを喜んで食べてるそう♪

で、今日私もアンジュちゃんに会って来ました。
家から持って来た、ジャックさんにお供えしていたおやつをあげに。
アンジュちゃん、もの凄く熱烈大歓迎!!
しっぽブンブン!!!
おやつもペロリ!

ムツゴロウさんの如く
「よぉ~し よぉ~しよし!」と撫でていたら
またまた熱烈歓迎
キスを奪われてしまいました 笑


何だか凄く楽しかった。
久し振りにワンコと触れ合って、凄く嬉しかった。
柔らかい毛、温かい体温、そして息遣いに触れて
とっても幸せな気持ちになった。
ジャックとお別れして以来、こんな気持ちになったのは初めてだった。


やっぱりワンコっていいね。
大好き。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

スポンサーサイト
ねこ
こんにちわです。

たまさん、私も同じことしてます(笑)

トムを病院に連れて行ってくれたり、一生懸命励ましてくれたり、亡くなったときは共に泣いてくれた裏のお宅のトイプードル親子を抱っこして癒されてます
写真を見てはまたまだ涙する日ですが、またいつの日か、新しい家族を迎えたくなるのかしら…?

と考えてしまいます。
まだ遺品も片付けられないのにね 
2010/12/01(水) 12:44:42 | URL | [ 編集]
bell
たまさん、こんにちは。
いつも温かいメッセージ、ありがとうございます。

今日、お世話になった病院の先生に、bellのことを報告に行ってきました。
まだまだ現実を受け止められない私は、怖くて避けてきました。
bellの辛い治療を思い出すのも嫌だし、病院に来るほかのワンコたちを見るのさえ辛すぎると・・・。
担当の先生は一緒に泣いてくれました。
すごく嬉しかったです。
思いきって行って、よかった・・・そう思います。

私の実家は、車で5時間位かかるのですが、気分転換に遊びに来るようにと母から勧められました。
ちょうどbellの病名がわかった頃に、ポメラニアンの子犬が実家の新しい家族になっていました。
行くつもりのなかった私ですが、たまさんのブログを拝見して、行ってみようかな・・・と思い始めました。

bellと過ごした時間は、私にはかけがえのないものだし、たくさんの幸せを貰いました。
そして、やっぱりワンコ大好き!!

2010/12/01(水) 15:39:45 | URL | [ 編集]
たま
v-22 ねこさん v-22

ねこさん今晩は。
コメントありがとうございます^^

ねこさんは裏のお宅のトイプードルさんですか~^^
いいですね~♪
とっても可愛いんでしょうね。
ほんと癒されますよね。

私も遺品 片付けられずにいます。
ジャックが居たそのまんまです。
でも・・・ねこさんも仰ってるように、新しい家族をお迎えしたくなるのでしょうか。
私も考えてしまいます^^;
まだ四十九日も経ってないのに・・・
ジャックさんに怒られちゃうかな 笑
2010/12/02(木) 01:50:19 | URL | [ 編集]
たま
v-22 bellさん v-22

bellさん今晩は。
こちらこそ、コメントありがとうございます^^

そうですか、病院の先生に挨拶に行って来たのですね。
そうですよね。闘病の事思い出しちゃいますよね。
お気持ち分かります。
でも、先生泣いて下さったなんて・・・ステキな先生なのですね。
患者さんのために なかなか泣いてくれる先生なんて居ないと思います。
行って良かったですね^^

お母様、bellさんの事が心配なのでしょう。
我が家も凄く心配されましたもの。
気分転換に行ってみては?
そしてポメちゃんに会って来てはどうでしょうか。
きっと癒されるのでは・・と思います^^
bellちゃんもきっとbellさんに元気になってもらいたいと思ってるはずです。
bellさんの笑顔を見たいと思ってるはずですよ^^
私もまた、アンジュちゃんに会いに行こうと思ってます♪
2010/12/02(木) 02:15:20 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 Dear ジャック all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。