Dear ジャック
我が家の13歳の愛犬、Mダックスのジャック。 4月に末期がんの為「余命3週間」の宣告を受けました。                                                2010年11月7日に虹の橋へ旅立ったジャックの記録です。

プロフィール

たま

Author:たま
ジャック
1997年9月9日生まれ。
2010年11月7日、13歳と68日で虹の橋に旅立ちました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (7)
ジャック (45)
飼い主のつぶやき (31)
ジャック病状 (60)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
号泣モード
ジャックさんが虹の橋に旅立って あれから二週間ちょっと経ちました。

その間、不思議とあんまり悲しいという気持ちは無く、
寂しさは感じるけれど それでも穏やかな気持ちで過ごしていました。

・・・が、一昨日・昨日と今まで支えていたものが一気に溢れ出た様になり
そしてワンワン号泣してしまいました。
柔らかく暖かい毛に触れたくて、匂いを嗅ぎたくて
寂しくて悲しくて・・・
ジャックさんが旅立って初めて気が狂いそうなくらい泣きました。

今も正直、思い出したら涙がこぼれそうになります。

天気のせいもあるのかな。
ドンヨリ曇って暗くて。
ついつい気が沈んでしまいます。


ブログを見るのも辛くて更新出来ずにいましたが、
先日 11月22日(月)、旦那と二人 ささやかなお祝いをしました。

11月22日は ジャックさんが我が家に来た記念日。
13年前のこの日、ジャックさんは私達の家族になりました。


ペットショップで私が一目惚れしたジャックさん。

でも、実は一目惚れしても即 我が家に連れて来た訳ではなかったりします。
事情があり、どうしてもその日には連れて来れず一度はお迎えを諦めました。
どうしても欲しかったのですが・・・泣く泣く諦めました。
その後も「あの時無理にでも連れて来れば良かった」と
後悔ばかりしていました。
それから約二週間。
もうあの子は他の人に買われてしまっただろうなぁ~と、私も旦那も諦めていたのですが

なんと、ジャックさん居ました!
前よりも一回り大きくなっていましたが、確かにジャックさんでした。
その当時は確か、Mダックスのブームの走りだったと思います。
そんな中、あんなに可愛いジャックさんが売れ残っていたなんて!(笑)
ある意味奇跡でした。
その日が13年前の11月22日なのです。


jack126.jpg

11月22日「いい夫婦の日」に来てくれたジャックさん。
可愛い過ぎる!(親バカ)

jack126_2.jpg

ペットショップに居た頃から、このカメのぬいぐるみと一緒に居ました。
そのカメさんと一緒に我が家に来たジャックさん。

jack126_3.jpg
家に来て2~3日経った頃。
将来、身体がデカくなるであろう片鱗を見せる手のデカさ 笑


本当はこの日まで生きてて欲しかったな。
一緒に13年目のお祝いしたかったです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

スポンサーサイト
てるりん
かわいいジャック君、見せていただきました。
我が家もチワワの闘病中です。もう限界のようで、この1秒1秒、息をしているか確認しているところです。
来るべき時がそう遠くはないようで、毎日毎日泣いています。たまさんのブログで少し更新されているのを確認し、私も2週間たてば少しは気持ちの整理がつけるのかな?と覗きにきました。やはりそんな急には無理ですよね。私もこの一瞬一瞬が怖くて怖くて、今どうしていいかわからない張りさけそうな気持です。たまさんが少しずつ元気になっていくのが、私に勇気を与えてくれます。支離滅裂な文章ですが、これからもがんばってください。私も最後まで一緒にがんばります。
2010/11/24(水) 16:10:32 | URL | [ 編集]
みぽりん
こんばんは。
日記が更新されるたびに見せていただいています。
コメント残さなくってごめんなさいね。
今日はジャックくんのかわいいパピー時代の頃を
見せて頂けて嬉しかったです。
2週間たってもジャックくんは待っていてくれた。
たまさん夫妻の子になるために生まれてきた子だったんですね。
そして13年間、最後の最後まで幸せな時間を過ごした事でしょう。
ロッキーにもそんな時間を過ごさせてやりたいと思います。
2010/11/24(水) 19:11:52 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/24(水) 19:31:35 | | [ 編集]
たま
v-22 てるりんさん v-22

てるりんさん今晩は^^
以前にも一度コメント頂いてましたね。
その時はお返事出来ずに申し訳ございませんでした。

チワワちゃん・・・そうですか・・辛いですね。
もう十分頑張ったのですから、もう頑張れとは言えません。
せめて苦痛の無いよう、てるりんさんと過ごして来た今までの幸せを
その時まで感じて、思って欲しいです。
でも、てるりんさん、最後までワンちゃんの生命力を信じて下さいね。
そして悲しまないで。
悲しんでいてはワンちゃんもきっと不安だと思います。
・・・なんて、偉そうな事を言ってしまってスミマセン。
私もジャックさんがまだ頑張っている時にもメソメソ泣いてました。
きっとジャックさん不安だったろうなぁと思うんです。

そして沢山撫でてあげて下さい。
そして沢山キスしてあげて下さい。
てるりんさんが後悔しない様に。
2010/11/25(木) 00:55:25 | URL | [ 編集]
たま
v-22 みぽりんさん v-22

みぽりんさん今晩は。
いえいえ、今まで何度も温かいコメント頂き感謝してます^^

ジャックの写真見て下さってありがとうございます。
可愛いでしょ?笑
一度お迎えを諦めたのに、二週間何処にも行かずに待っててくれたんだなぁって
本当に奇跡だと思っています。
 
 >たまさん夫妻の子になるために生まれてきた子だったんですね。
このお言葉、凄く嬉しくてちょっと泣きそうになってしまいました。
本当にそうだと思っています^^
それぞれのワンコちゃんはそれぞれの飼い主さんとの「運命」があるんですよね。
ロッキーちゃんとみぽりんさんの出会いも運命なんだと思います。

ロッキーちゃんも今とても幸せな時間を過ごしていると思いますよ^^
2010/11/25(木) 01:04:56 | URL | [ 編集]
ココ
こんばんわ。
暫くコメ残せなくてごめんなさい。
ちょっとバタバタしていたので・・・

パピー時代のジャックちゃん、本当に可愛いですね~
でもクリクリの優しいお目目は大人になっても変わらないですね^^
ホント、お手手大きいですね!
売れ残るだなんて・・・
違いますよ~、ママとパパが迎えにくるのを待っててくれたんですよ^^
ジャックちゃんは13年間、とっても幸せな犬生を送りましたね。とても大切に愛情いっぱいに育ててもらったのですね。

ママさん・・・
今は本当に悲しくて淋しくてお辛いと思います。
でもジャックちゃんは姿は見えなくても、いつもママさんの傍にいてくれてると思いますよ。
ずっと一緒です。私はそう信じています。
私は火葬の瞬間に気が狂いそうでした・・・
我慢しないで沢山泣いてあげてくださいね。そしていつか沢山の時間が過ぎたときに、優しいママの笑顔をジャックちゃんに見せてあげてくださいね^^
2010/11/25(木) 02:28:01 | URL | [ 編集]
ふらっしゅまま
私は、夜中に看取った時から
延々朝まで泣きました
泣きながら少しウトウトしたかもしれないけど
添寝した先代ふらっしゅは
半眼半口(ジャックさんと同じ)で
今にも目を覚ましそうで・・・朝、起きた時も
何が起こっているのか、すぐに分からず
自分の嗚咽で、先代が旅立ったことを確認したっけ・・・
葬儀場に行く時も泣きっぱなし
小さな小さな骨壷に号泣しました
可愛い可愛いジャックさん
天変地異のような大きな衝撃を伴う哀しみです
時にはこの悲しみの嵐に身を任せるしかないと思うのです
愛すれば愛するほど
身をかきむしるような痛い別れ・・・
暖かい毛
あの匂い
分かります
分かります
もう、涙が溢れてきちゃいました
どうか、どうか、お大事に・・・
2010/11/25(木) 11:44:35 | URL | [ 編集]
たま
v-22 Nさん v-22

先日メール差し上げましたが・・・
その後どうですか?
少しは落ち着いたでしょうか・・・。
2010/11/26(金) 20:18:47 | URL | [ 編集]
たま
v-22 ココさん v-22

ココさん今晩は。
コメントありがとうございます^^
いえいえ、そんな!
コメントは気になさらないで下さい。
遊びに来てくださるだけでもとっても嬉しいんですから♪

ジャックさん ほんと手大きいでしょ?笑
当時、色んな人から「この子 手大きいね!」ってビックリされたものでした^^
売れ残りじゃなく私達を待っててくれたんでしょうか。
だったら嬉しいな^^

ココさんありがとうございます。
最初の一週間は全然気持ちも穏やかだったんですけどね。
二週間を過ぎた頃から急に寂しくなったり悲しくなったりで・・・。
ここ最近は瞼が腫れまくりです^^;笑
まだしばらくは泣いたりしそうですが、時が解決してくれると思ってます。
そうですね。それに、ジャックさん 側に居てくれますよね^^
2010/11/26(金) 20:25:13 | URL | [ 編集]
たま
v-22 ふらっしゅままさん v-22

ふらっしゅままさん今晩は。
コメントありがとうございます^^

私は・・・なぜか私は亡くなった日は涙が出なかったんです。
不思議と悲しいという気持ちは無くて。
葬儀場に行く時も、途中掛かりつけの病院に寄っていった時も
笑顔で先生に挨拶して来ました。
流石に骨になる前の最後のお別れの時は泣きました。
でも、その後も穏やかな気持ちだったんです。
今思うと気が張っていたのか、まだ自分の中で「死んでしまった」という事を
認めたくなかったのか・・・。
二週間経って少し現実が見えて来た今、やっと現実に「死」を感じて来たのだと思います。
なので本当にここ最近は泣いてばかりです^^;
毎日瞼を腫らしてます~i-201

まだまだ時間は掛かると思いますが
それでも乗り越えて行くしか無いんですよね。
時間が解決してくれるのかな。
2010/11/26(金) 20:35:10 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 Dear ジャック all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。