Dear ジャック
我が家の13歳の愛犬、Mダックスのジャック。 4月に末期がんの為「余命3週間」の宣告を受けました。                                                2010年11月7日に虹の橋へ旅立ったジャックの記録です。

プロフィール

たま

Author:たま
ジャック
1997年9月9日生まれ。
2010年11月7日、13歳と68日で虹の橋に旅立ちました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (7)
ジャック (45)
飼い主のつぶやき (31)
ジャック病状 (60)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Dear 皆さんへ
皆様、本当に本当に 沢山の拍手やお悔やみのコメントありがとうございます。
本来ならば お一人お一人にきちんとお礼のお返事をしたいところなのですが
もう少し私の心が落ち着くまで、待っていただけないでしょうか。
すみません。


皆様、ジャックを応援して下さり、励まして下さり、
そしてジャックを愛して下さいまして本当にありがとうございました。
拍手の数、コメントの数を見ていると、こんなにもジャックを見ていてくれたんだぁ~
と改めてビックリしております。

思えば、今年4月に「余命三週間」と宣告された時、

このまま静かにジャックが消えてしまうなんて・・・
ジャックというワンコが存在していた事を色んな方に知って欲しい。


そう思い、思い切って始めたブログ。

一生懸命病気と闘ったんだ。
いつも頑張ってたんだ。


という記録を残したいと思い 始めたブログ。

そのおかげで、ジャックの存在を分かってもらう・・というだけで無く
様々な病気と一生懸命に闘うワンちゃん達、飼い主さん達の存在を知る事が出来ました。
それは私達にとって とても心強く励みになりました。

こうして今回、ジャックとサヨナラするという時が来て
改めてブログをやって良かったと思いました。

パニック障害・不安神経症を持つ私が、ジャックが居なくなった今
こうしてPCに向かってブログを書く事が出来るのは
ブログでの皆さんの励ましや応援のおかげです。
それが無ければ、今頃はただただ泣き崩れて、抜け殻の様になっていたかもしれません。


実はジャックが旅立った日から今週ずっと 旦那が夜勤だったりします。
夜、一人ぼっちです。
あんなに一人ぼっちの夜が怖かったのに。
ジャックが居なくなったらどうしよう・・とパニックになっていたのに。
でも何とかやってます^^

まだまだメソメソ泣いています。
何もする気が起きず、1日ただただボーッとしてます。
まだまだジャックの使ってた物を片付けられずにいます。
でも何とかやってます^^

本当ならもう『犬・闘病生活』のランキングから外れた方が良いかもしれません。
でも、もう少し居させて下さい。
もう少しジャックさんの事を語らせて下さい。
そしてもう少し一緒に、病気と闘うワンコちゃん達を応援させて下さい。

お願いします。



jack121.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


スポンサーサイト
まあみん
ジャックさん大好きです!
毎日見てます。ブログ続けてくださいね!ジャックloveyou...
2010/11/10(水) 08:32:53 | URL | [ 編集]
ふらっしゅまま
みんなジャックさんの大フアンです、これからもずっと
どうか、返事のことなど気になさらずに
ジャックさんの事、出来る時に更新してくださいね
待っています
全国で闘病中のワンコ達、
全国で闘病の末、虹の橋に渡ったワンコ達
私も先代の物、未だに片づけきれていません
(来年の1月で2年になるのに・・・)
先代を見送ったあと、何も手に付かず
日常生活に支障を来たしておりました
涙も「どっからこんなに出てくるの」って位
めそめそメソメソ。
何かの拍子にドバドバ溢れて困りました
今しばらくは、どうか無理をなさらずに
お大事になさってください
同じブラタンMダックスの
赤ちゃんを迎え、すさまじい多忙な生活に入り
二年近くたった今でも先代を思い出し
ふとじんわり涙ぐむことがあります
ジャックさんの旅立ちに泣きました
ジャックさんが愛するたまさん旦那さんの傍に居る為に
どんなに頑張っていたか・・・
愛し愛された愉しい我が家を
今もジャックさんは見守っているんですね
たまさんのお身体を心配していることでしょう
どうか、ゆっくりと
出来る時にジャックさんの想い出話を
お聞かせくださいね
ジャックさんの愛らしい笑顔の更新を
いついつまでも待ってます
愛を込めて・・・
2010/11/10(水) 09:27:50 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/11(木) 12:55:10 | | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 Dear ジャック all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。