Dear ジャック
我が家の13歳の愛犬、Mダックスのジャック。 4月に末期がんの為「余命3週間」の宣告を受けました。                                                2010年11月7日に虹の橋へ旅立ったジャックの記録です。

プロフィール

たま

Author:たま
ジャック
1997年9月9日生まれ。
2010年11月7日、13歳と68日で虹の橋に旅立ちました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (7)
ジャック (45)
飼い主のつぶやき (31)
ジャック病状 (60)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ありがとうございました!
皆さん、昨日の記事に 励ましと応援と喝をありがとうございました。

「こんなネガティブな事書いて良かったのかな」ってちょっと後悔してたのですが
皆さんの色々な意見や感想、そして体験談など聞く事ができたのと

悩んでるのは私だけじゃないんだ。
皆それぞれ迷っているんだ
悩んでるんだ。
葛藤してるんだ。

その事を気付かせてくれて本当に感謝しています。

そして、沢山の人がジャックを応援してくれている!
とってもとっても心強いです!
ありがとうございます。


明日、(あっ 日付変わったので今日ですね)病院へ行って来ます。
納得いくまで先生に色々と聞いて来ようと思います。
そして決めようと思います。


jack106.jpg

元気はあるものの、やっぱり呼吸音が気になるジャックさん。

早く楽になるとイイね。



沢山の応援ありがとうございます!励みになってます^^
ジャックさんに応援のポチッ!を♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

スポンサーサイト
ジョジョボ
初めまして いつもは読み逃げで失礼してました

ワンコってね 明日の事は考えないんです
「今」しかないんですよ
「今」が 如何に楽しいか 愛しい人と一緒に居て
美味しいモノ食べて 好きなところで寝転んで・・・
色々と思い悩むのは人間だけ 人間だからなんですよね
それって 人間の特権でもあり 苦悩でもあり
本当に難しいけれど ジャックちゃんの声を聞いてあげてください
きっとジャックちゃんが 何がしたい・どうしたいって
言ってくれます よ~く聞くと解りますよ
深い絆で結ばれた家族なんですから

我が家のビーグル犬は 散歩中に左折車に巻き込まれてしまい
生きて欲しくて脚断しました
それが良かったかどうか・・・ 
でも 傍に居て欲しかった ただそれだけ
そしてウチのコも「脚要らない」って言いました
ちゃんと心で聞く事ができました
その後も癌切除術やら何やら 色々ありましたが
ちゃんと向き合って話せば 答えが聞こえてきますよ
辛い選択をしなければならない時もあるかもしれません
でも 大事な大事な家族 声を聞いてあげて下さいね
ジャックちゃんにもご家族様にとっても良い方法が必ず見付かると信じてます

初めましてなのに 失礼がありましたらごめんなさい
2010/10/07(木) 06:16:13 | URL | [ 編集]
くうちゃん
私も昨日は 思いっきりネガティブでした
アメンバー記事で吐き出しましたが・・・・

そう ジョジョボさんが言われるように 心の声が聞こえる時あるんですよね

それで 私もコロの手術中止しました

いつも思う事
私がしてあげたいと思うことと この子たちがして欲しい事と一緒だと良いなぁ
です

ですが 歯石取りとシャンプー・ブラッシングは 嫌だそうです(* ̄m ̄)プッ!
2010/10/07(木) 08:50:24 | URL | [ 編集]
misa
同じカテゴリー内の「幸せのしっぽのために」の管理人をしているmisaと申します。
初めまして、ですが
実はブログ、いつも拝見していました。

ジャックさんの様子、いつも心配しています。
今日、先生と思う存分お話できたでしょうか?


私は昨年末に「免疫介在性溶血性貧血」と言う病気で
愛犬を虹の橋へと見送りました。
そして、同じ病気で戦っているわんちゃんと飼い主さんの力に少しでもなれたらと
「幸せのしっぽのために」を立ち上げました。

輸血で命を繋いでいたので、「本当にこれで良いのか?」
闘病中、その事が頭から離れた事はありませんでした。
私もたまさんと同じ様に、悩み続けた一人です。

だけども、もしよければサイト覗いてみてもらえますか?
「免疫介在性溶血性貧血」は原因不明の難病ですが
「そんな病気なんかに負けるもんかっ!」って
沢山の飼い主さんが、頑張って治療をされています。
30回も輸血をしながら、頑張っているわんちゃんもいます。
皆さん、100%の気持ちで治療されてるんじゃないと思います。
いろいろ思い悩みながらも、「一日も長く一緒に居たいから」
その想いの為だけに、治療をされています。

それをどうしても伝えたくて、コメントさせていただきました。

ジャックさん、応援してますね。
2010/10/07(木) 22:23:55 | URL | [ 編集]
たま
* ジョジョボさん *

初めまして。
いつもブログに来て下さってるとの事ありがとうございます。
今回コメント下さり、重ねて ありがとうございます。

 >ワンコってね 明日の事は考えないんです「今」しかないんですよ

この言葉、胸にズシッと来ました。
そうですね。その通りだと思います。
以前何かで、【犬は死の恐怖は感じないので、今ある苦痛を取ってあげる事が大事】
というような事を読んだ覚えがあります。
確かに、死に怯えているのは私です。
ジャックが居なくなったら・・・そう思って怯えているのは私なんですよね。
ジョジョボさんの仰るとおり、ジャックの身になって考えると
どうしたいのか、どうして欲しいのかが分かる様な気がします。
まだ確信はありません・・・
ですが、これからジャックの声を聞いて行こうと思いました。


失礼だなんて、とんでもない!
大切な事に気付かせて下さってとても感謝しております。
ありがとうございました!
2010/10/08(金) 02:18:23 | URL | [ 編集]
たま
* くうちゃんさん *

いつもコメントありがとうございます。

くうちゃんさん・・・
いつもブログの記事を拝見していると、文面からはとてもポジティブに見受けられる
くうちゃんさんも ネガティブになる事があったのですね。
大丈夫ですか?
吐き出して少しは気持ちが楽になれたでしょうか。

心の声・・・考えてた様で考えて無かったかもしれません。
こんなに、13年も一緒に居るのに。
私も同感です。
してあげたい事と、ジャックさんがして欲しい事が一緒であって欲しいです。

歯石取り・シャンプーは同じく嫌いみたいです^^;
飼い主としてはキレイになって欲しいんですけどねー 笑
2010/10/08(金) 02:26:49 | URL | [ 編集]
たま
* misaさん *

misaさん初めまして。
いつもブログに来て下さってるとの事ありがとうございます。
今回コメント下さり、重ねて ありがとうございます。

実は私も以前から何度かブログを拝見させて頂いておりました。
ですが、「免疫介在性溶血性貧血」という聞き慣れない病名に
「こんな病気もあるんだな~」というくらいの気持ちでしか拝見しておりませんでした。
お恥ずかしい話ですが・・・申し訳ございません。
今回改めて調べさせて頂き、とても大変な病気であるのと
そして数多くのワンちゃん達と飼い主さんが この病気と闘い苦しんでおられるのを知りました。
30回もの輸血や、また脾臓の摘出など、壮絶な闘病で
それでも回復を信じて一生懸命に戦っている姿にとても感銘を受けました。
「そんな病気なんかに負けるもんかっ!」
本当にそんな声が聞こえました。

misaさん、コメントを下さり本当に感謝してます。
上手く言葉では言い表せませんが・・本当に本当に勇気付けられました。
ありがとうございました!
また後ほど、改めてブログの方 ゆっくり拝見させて頂きますね。
2010/10/08(金) 02:42:19 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 Dear ジャック all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。