Dear ジャック
我が家の13歳の愛犬、Mダックスのジャック。 4月に末期がんの為「余命3週間」の宣告を受けました。                                                2010年11月7日に虹の橋へ旅立ったジャックの記録です。

プロフィール

たま

Author:たま
ジャック
1997年9月9日生まれ。
2010年11月7日、13歳と68日で虹の橋に旅立ちました。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (7)
ジャック (45)
飼い主のつぶやき (31)
ジャック病状 (60)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
急変
昨日の朝4時頃、急に水を飲みに起き上がると
いきなりバタンと倒れるジャック。

それからも歩くものの、上手く歩けずに後ろ足がヨタヨタと崩れる。
まるで麻痺してる様に。

それからしばらくして今度は吐く。
何度も何度も。
そしてその度に重心が横になり、目も焦点が合わなくなる。

朝6時半頃までそれが続き、先生の携帯に急いで電話を入れる。

そして急遽診てもらう事に。
病院へ向かう車の中でも吐き続けるジャック。

病院へ着き症状を見てもらうと、
 「麻痺してるような、てんかんの発作みたいにも見える」
 「動きを見てると、多分脳に障害があるんでしょう」
 「肺の癌が脳に転移したか、あるいは何か他に脳に異常があるか」
と言われました。

そして発作を止める注射と吐き気止め、ビタミンの注射と点滴を受けました。

そして先生の一言、
「あまり、苦しむ様なら・・・どうします?方法としては安楽死という選択もあります」

ああっ、そこまで悪いんだ。
もうここまで来てしまったんだね。


とりあえず処置をしてもらい帰りました。
家に帰っても相変わらず立ち上がってはバタンと倒れます。
自分でトイレにも行けません。

昨日はあんなに元気だったのに。
こんなに急に病気って来るものなの?

今、とても混乱しています。
何も考えられません。

ただ、あと何日か・・・・それまで、動けなくなったジャックさんんを少しでも
助けてあげる事しかできません。
多分お別れの日は・・・もうすぐそこまで来ているんだと思うのです。


皆様のコメントにはお返事出来ないかもしれません。
どうかお許し下さい。



頑張っているジャックさんに応援のポチッ!を♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット


copyright 2005-2007 Dear ジャック all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。